結婚相談所を低価格で利用して婚活を成功させる方法

結婚相談所はできるだけ低価格で費用を抑えて婚活したいと望むことは贅沢な話でしょうか?

婚活を始めようと思いたち、結婚相談所について調べてみると入会金や会費が高額なのに、さらに紹介料やお見合いパーティーの参加費用が掛かるなど、結婚相手を見つけられなければ、お金がを遣い続けなければならないので、婚活を続けられる自信がなくなってしまったという方もいるかもしれませんね。

そこで婚活をスタートさせるために結婚相談所の低価格で利用する方法について検証します。

結婚相談所に掛かる費用

結婚相談所の相場は年間20万円から30万円とも言われています。医者や弁護士など高学歴高収入の男性に特化した結婚相談所ですと、さらに多額の費用がかかります。

いずれにせよ結婚相談所に入会することは簡単に決められることではないでしょう。本気で婚活をして結婚相手を見つけるのでしたら結婚相談所を選ぶべきで。金額が大きくなるほど冷やかしはいませんし本気の結婚相手を探したい会員が集まっているということです。

それでもできるだけで低価格で結婚相談所を利用したいと言うのであれば以下の方法があります。

結婚相談所のタイプ

結婚した医療を大きく分けて3つのタイプに分けられます。どれか一つを選んでもいいですし、いくつか組み合わせている方法もあります。どのスタイルがいいのか確かめていただきたいと思います。

仲人型

仲人型は会員ひとりに仲人がついて希望に沿った相手を紹介されサポートを受けられます。

カウンセリングでは相手の希望条件やライフスタイル、理想の結婚相手を伝え、条件に合いそうな会員を紹介してもらいます。

お見合いの日時を決めたり、お見合いの進め方など結婚相手を見つけるために手厚いサポートを受けることができます。

自分の理想と希望を理解したうえで相手を紹介してもらいたいのでしたら、仲人型を選ぶといいでしょう。年収や婚姻歴などに条件にこだわりがあるのでしたら最適です。

婚活を積極的にサポートしてくれますので、恋愛経験が少なく率先してお見合いをすることが苦手な人にも安心です。

店舗型のデータマッチング

会員の情報を提供を主としているのがデータマッチングです。データバンクに登録されたプロフィールや自己PRなどからマッチングする相手を紹介し、紹介後は本人同士が連絡を取ります。

店舗型ですと事務所などに実際に足を運びカウンセラーと定期的にカウンセリングを受けながらマッチする相手を探すことになります。

カウンセラーとカウンセリングを受けながら相手を見定めることができます。条件に合った相手をじっくり選びたいなら店舗型が最適です。

インターネット型のデータマッチング

婚活の主流となりつつあるのがインターネット型のデータマッチングです。ネット上で集められた会員のデータベースを元に相手を紹介されるシステムです。

紹介される相手は登録された条件に沿って データベースが相手を選びます。直接カウンセリングを受けられるサポートはありませんが、 メールや電話でのサポート体制は用意されています。

会員数は最も多いですし、積極的に婚活を勧められて必要なときのみサポート受けたいという方におすすめできます。

結婚相談所を低価格で利用するには

低価格なのはインターネット型データマッチングとなります。結婚相談所を価格だけで選ぶことをすべきではありませんが、自分にとって最適な結婚相談所を利用することで結果的に低価格で婚活を成功させることができます。

婚活は結婚相手を見つけるために行うものです。安く済ませようとしたことで、いつまでも結婚相手が見つからないですと、お金が使い続けなければなりません。

婚活は短期勝負型の方が上手くいく可能性が高いです。それならば自分に合った結婚相談所にお任せして、早く結婚相手を決められた方が結果的に少ないお金で婚活を成功させることができるのです。